Natural.Labo
Blog

Natural.Laboマガジン

運動の話 2021.04.07

筋肉ってそもそも何のためにあるの?

筋肉ってそもそも何のためにあるの?

皆さん、こんにちは。
名古屋市
天白区
植田駅パーソナルトレーニングジム
遺伝子検査であなたを徹底サポートする
Natural.Labo植田店代表の市橋です。

本日のテーマは、

筋肉ってそもそも何のためにあるの?

です。
我々の体には約600種類もの筋肉が存在すると言われています。

これまでもブログで筋肉を鍛えるとどういったことが起きるのかや筋肉を鍛えるとうどういったメリットがあるのかについてたくさんお話をしてきました。

実際に今筋トレを行って筋肉を鍛え体に生まれるメリットを獲得したいと考えている人もいると思います。

筋肉を鍛えるためのトレーニングを行ない種目や筋肉部位を覚えたとしてもう筋肉の仕組みについていまいちわかっていない人も多いかもしれません。

筋肉を鍛えるといいことがあるということは皆さん聞いたことがあると思いますがそもそもなぜ筋肉が体の中に存在しているのかについて考えてみたことがあるでしょうか。

筋トレをこれまでずっと続けている人もこれからトレーニングを始めようと思っている人ももう一度筋肉が何のために存在しているのかについて考えてみてください。

そこで今回は、
なぜ筋肉が体に存在していてどんな働きを持っているのかについてお話していこうと思います。

是非最後までお付き合いください。
宜しくお願い致します。
それではさっそく参りましょう!

Instagram・Twitterも随時更新してますので是非Instagram・Twitterのフォローも宜しくお願いします。

Instagramはこちら

筋肉って何のために存在しているの?

筋肉は力を発揮するために存在していると考えている人も多いと思いますがそれはあながち間違いではありませんが筋肉はあ力を発揮するためだけに存在しているわけではありません。

筋トレを行って見た目を変えていきたいと考えている人もう多いかもしれませんが実際ののところ筋肉はさまざまな役割を担っています。

まず筋肉が持つ役割のひとつめは体を動かすということです。
みなさんがイメージしているとおり体を動かすための働きを持っているのが筋肉です。

筋肉が伸びたり縮んだりすることによって関節を動かし体が動いているのです。

さらにはみなさんが意識してない内臓も筋肉なのです。

例えば心臓は常に動き続け呼吸をして食べ物をうまく消化できるようにしています。

普通に呼吸していることでさえこれらはすべて筋肉の役割なのです。

そして筋肉が持つ役割の2つ目は熱を生み出すということです。
体には周囲の環境変化してもう体温を1定に保つ恒常性と呼ばれる働きが備わっています。

外がどんなに暑かったり寒かったりしてもう体温は常に36°前後に保たれていますよね。

そんな中で気温よりも体温を高く保っていくためには熱を生み出して行く必要があります。

その生み出される熱のほとんどが筋肉で生み出されているというわけです。

つまり筋肉量が少ない人は熱が生み出されづらく体温が低い傾向にあると言われています。

体温が高い塔免疫力が強情して行くため筋肉は免疫力を維持するためにも1役買っているとも言えるかもしれません。

そして代表的な筋肉の役割として身体を安定させ外部から守るという役割を持っています。

みなさんが普段立ったり座ったりして生活できているのも筋肉のおかげだということを知っていましたか。

どういうことかというと地球上には常に重力が掛かって居てその重力に対して動くことができるのは筋肉が力を発揮しているからだということです。

寝ている姿勢の状態でも筋肉は完全に力を抜かず少し緊張した状態を保っていると言われています。
つまり筋肉は24時間365日休むことがないというわけです。

さらには筋肉は関節をしっかりと安定させ外部から受ける刺激から体を守るという働きを持っています。

筋肉はどうやって力を生み出しているのか

主に筋肉が力を発揮する際は筋肉が縮まって収縮している際に力を生み出していると云われています。

そこで筋肉の収縮について少し解説して行きます。

筋肉そのものには自ら伸びる能力はなく縮むことしかできません。

さらには縮むのも体の中心に向かう一方向にしか縮むことができません。

分かりやすく腕の筋肉で考えてみると肘を曲げる際には上腕と電話をまたいでいる筋肉である上腕ニ頭筋と呼ばれる筋肉が縮むことによって前腕が上腕に近づいていきます。

しかし腕を伸ばす時にはこの上腕ニ頭筋は自ら伸びる力が無いため代わりに上腕ニ頭筋の裏側について上腕ニ頭筋とは逆の働きをしている上腕三頭筋と呼ばれる筋肉が縮むことによって前腕が上腕から離れていき肘が伸びていくのです。

このように筋肉には必ず逆の動きをしてくれる筋肉が存在しその筋肉を拮抗筋と呼んでいます。

さらには筋肉の収縮の仕方にも種類があり短縮性収縮と伸張性収縮と呼ばれる2種類が存在しています。

短縮性収縮とはみなさんご存知のとうり力を発揮しながら筋肉が収縮している状態のことを言います。

そして反対の意味を指す伸張性伸縮永遠力を入れているのにも関わらず徐々に筋肉が引き伸ばされていく状態のことを言います。

例えば腕相撲をしていて力を加えているのにも関わらず相手の力の方が強く除々押し込まれていっている状態のことを言います。

どちらも力を発揮して筋肉が働いているのですがこの2つの筋肉の収縮行った時より力を発揮している収縮は実は伸張性収縮なのです。

つまり腕相撲をしている際勝っているときよりも負けているときの方が力をたくさん出しているというわけです。

これを筋トレに生かそうと思うとトレーニング中に行う動作を 重さをあげる時よりも重さを下ろすときに時間をかけてゆっくりと動作をしてあげるとより力を発揮し筋肉が鍛えわっていくというわけです。

このように筋肉の性質を理解することで普段のトレーニングのレベルをさらに底上げすることができたり、何のために筋肉を鍛えているのかといったトレーニングを行う根本的な理由をしっかりと理解しておくことができます。

今回お話しした話は筋肉のあくまでも基本中の基本の話です。
すでに知っているという方もたくさんいらっしゃったかと思いますが、情報は常に更新されていきます。

今持ち合わせる知識がすべてだと思い込むのではなく 定期的に知識を更新しアップデートして行くように心がけていきましょう。

以上です。
読んでくれた方の少しでもお役に立てたら幸いです。

名古屋市
天白区
植田駅パーソナルトレーニングジム
遺伝子検査であなたを徹底サポートする
Natural.Labo植田店代表の市橋でした。

遺伝子検査・無料カウンセリング・体験も随時実施しています。
また、現在キャンペーンも実施しているので是非お気軽にお問い合わせください。

Natural.Labo植田店とは?

遺伝子検査の結果をもとに

なぜ脂肪がつきやすいのか?
なぜ筋肉がつきにくいのか?
どんなトレーニングが向いているのか?

などお客様一人ひとりに合わせて理想の体づくりの計画をご提案させて頂きます。
独学でのダイエットや筋トレに限界を感じてしまった方や理想の体を諦めてしまっていた方にもう一度だけ頑張ってみようかなと思ってもらうために、当ジムが「最後の砦」になり「人生最後のダイエット」を全力サポートしていきます!

トレーナーがマンツーマンで指導を行うので運動が苦手な方や初心者の方でも安心してより高い効果を実感していただけると思います。

少しでも気になったら無料カウンセリングに是非一度お越しください。

Natural.Labo植田店PV動画